M-1グランプリ1回戦を見た時の率直な感想をレビュー
TDS(エントランス)

M-1グランプリ1回戦を見た時の率直な感想をレビュー

M-1グランプリは有名な大会ですがその1回戦を見た人はいますか?
1回戦はすごく長丁場になんですが、過去に2回ほど行ったことがあります。
その1回戦を見た時の感想を今回はまとめました。
• 決勝と1回戦はどこが違うのか?
• 1回戦の空気感
• 1回戦を見るのは何が楽しいのか?
決勝という華々しい舞台とは全く違う1回戦の話を今回はさせていただきます。
M-1グランプリ1回戦を最初から最後まで見るのはかなり辛い
M-1グランプリの1回戦は昼前後から夜まであります。
途中で退席したり入ったりするのは自由なんですが、最初から最後まで見るとなると10時間ぐらいになることもザラです。
私は過去に最初から最後まで見たことがありますが、後半になるととにかくお尻が痛くなります。
正直なところ、お笑いに集中することができません。
それぐらいのレベルでお尻が痛くなってしまうのです。
そんな1回戦ですが、会場の空気はかなり冷たいと言わざるを得ません。
1回戦の会場の雰囲気はかなり冷たくなっている
決勝戦では笑いの渦が起こりますが、1回戦の出場者のほとんどがプロになったばかりの人かアマチュアの人です。
お笑いの養成所を出たばかりのような人も結構いるので、笑いが起こるのは10組に1組あればいい方。
それぐらい静かな雰囲気が漂っています。
もちろん大きな笑いを起こす人もいるんですが、基本的には失笑か全く笑いがない状態で終わります。
決勝戦とは打って変わってかなり厳しい雰囲気です。
1回戦はあまり表に出てない芸人を発見することができる
1回戦の最大の魅力はまだあまり注目されていない芸人を発掘できることです。
3回戦ぐらいまで突破する芸人はこの先売れていく可能性があるので、そういった芸人さんをチェックできる楽しみがあります。
かなり通の楽しみ方になってしまいますが、そのような楽しみ方が1回戦の楽しみ方です。
一足先に注目の芸人を発見でき、周りに自慢することができます。
個人的に一番面白いのは3回戦か準々決勝
準決勝ぐらいまで行くとかなり有名な芸人しか残っていません。
なので、通としてはちょっと微妙です。
3回戦か準々決勝ぐらいだとまだ注目されてない面白い芸人さんが残っています。
1回戦は時間が長すぎて少し辛いんですが、3回戦~準々決勝ぐらいだとちょうどいい感じで、しかも結構面白いです。
個人的には準々決勝か3回戦が1番楽しいかなと思います。
まとめ:M-1グランプリ1回戦は一度見てみるべき
1回戦の空気感は決勝見た人にとってはカルチャーショックを受けるレベルです。
それが逆に楽しかったりするわけですが、お笑いが好きな方は一度見てみるといいかもしれません。
2020年以降はなかなかお笑いライブも厳しいですが、機会があれば1回戦を見に行ってみてください。
• 会場の空気がどれぐらい冷えているのか?
• 注目の芸人さんはいるのか?
• ずっと座っているしんどさ
こういったことを1回戦で体験していただければと思います。

報告する

投稿者

りょーすけ
りょーすけ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。