ソーシャルディスタンスのテーマパークの新たな遊び方

ソーシャルディスタンスのテーマパークの新たな遊び方

ソーシャルディスタンスだからこそ楽しもう!

ソーシャルディスタンスをしながら生活をするというのが当たり前の世界になってきている。
そんな世界はテーマパークでも同じだ。
現在のテーマパークでは、
ソーシャルディスタンスを前提にゲストに対してサービスを提供しなければいけない状況であり、売上が激減してしまっている。
こんな時代になる前までは、
テーマパークは人で混みあっていた。
あの時はあの時で「人が混み合ってあるせいで全く楽しめない」という不満の声があった。
確かにソーシャルディスタンスをしてない時のテーマパークはアトラクションなどの待ち時間が3時間待ちという凄い待ち時間であった。
それが今は1時間も待ち時間がなくなるほど、
人がいないのだ。
ゲストからすると、
現在の方がテーマパークを待ち時間なく楽しめるといった声が続出しているが、
運営側からすると売上が激減してしまっているので、今の状態が続けばテーマパークの存在が危うくなってしまうという、
運営側とゲスト側の声が入れ違ってしまっている状態になってしまっているのだ。

私「りょーすけ」は、
東京ディズニーリゾートに1000日連続インパークをしたので、
1000日以上は通っている事になります。
そんな僕だから現在の状況を見て思う事なのですが、
確かに人がいないのでソーシャルディスタンスをする前と比べるとアトラクションの待ち時間が少ないので、
1日を通して楽しめるかもしれないのですが、
それはアトラクションに関してだけだということです。
テーマパークには、
アトラクション以外にも楽しめる事がたくさんあります。
アトラクションに然り、
ショー、フード、キャラクターなど周りを見渡せば、
いくらでも楽しみ方は存在するのだ。
現在のテーマパークでは、
ショー、フード、キャラクターが制限されてしまっていて、
思いっきり楽しめるのはアトラクションのみとなってしまっている。
私はテーマパークで全体的に楽しんでいたので、今は正直寂しい気分になっています。
本当に早く元の姿に戻って欲しいです。

現在のテーマパークはこんな状態で楽しめる幅は狭まりましたが、
だからといって楽しめない訳ではありません。
そんなテーマパークでの楽しみ方をご紹介していきたいと思います。

1. 景色を楽しむ
テーマパークの景色はいつ見ても非日常感を味わえます。
1日景色を見ていても飽きません。
テーマパークの景色はエリア毎に変わっています。
例えばディズニーの場合は、
トゥモローランド、アドベンチャーランド、ウエスタンランド、アメリカンウォーターフロント、メディテレーニアンハーバーといったエリアがありますが、
それぞれコンセプトが違うので、
エリアにある建造物の作りがが全く違います。
トゥモローランドは未来感がある景色、
アドベンチャーランドはジャングルの景色、
ウエスタンランドはアメリカ西部の景色、
アメリカンウォーターフロントは港が栄えていた時のニューヨークの景色、
メディテレーニアンハーバーはイタリアの景色となっています。

USJの場合は少し違って、
映画の中の世界観をエリアにしています。
ミニオン、ハリーポッター、ジョーズ、ジュラシックパークなどの映画の世界をエリアにしています。
このような世界観になっているので、
テーマパークに行くと本当にその世界にいると錯覚してしまいます。
ソーシャルディスタンスの楽しみ方はアトラクションだけではなく、
景色を見て楽しむというのもオススメです!!

2. インスタ映えの写真を撮る
テーマパークに来たら必ずしたい事がありますよね。インスタ映えの写真を撮る事です。
良く見るのは、
ジャンプしてるところを撮ったり、
同じ衣装をした皆で写真を撮ってるところを見てきました。
テーマパークではどこで撮っても映えます。
特にオススメの場所とかはないですが(というよりテーマパーク全体がおすすめです)、
周りに迷惑をかけずに撮影をしましょう!
テーマパークにある物の上に乗って撮影をしている人達をたまに見かけますが、
テーマパークの物の上に乗ってはいけないという公式の意見もありますので、
物には乗らずに周りに迷惑をかけずに、
テーマパークを満喫しましょう!!

他にもソーシャルディスタンスの時の楽しみ方はあるとは思いますが、
私はこの2つを現在は主に楽しんでいます。
皆様もぜひやってみてくださいね!!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。