TDRの本当の楽しみ方

TDRの本当の楽しみ方

TDRの素晴らしき飽きない魅力

こんにちは。
ディズニー1000日連続インパークを達成し、
ミニーマウスと365日連続グリーティングを達成しました「りょーすけ」と申します。

皆様は、
ディズニーの魅力と言えば何だと思いますか?
人それぞれで魅力は違うかもしれないですが、
私が思うディズニーの大部分の魅力は「キャスト」さんだと思っています。
キャストとは、ディズニー内で働かれている人達の事です。
これはなぜかと言いますと、
順を追って説明していきたいと思います。

まずなぜ、
私がディズニー1000日連続インパーク、
そしてミニーマウスと365日連続グリーティングをしたのかというところから、
お話をさせて頂きたいと思います。

ディズニー1000日連続インパークを始めたきっかけは至ってシンプルです。
元々子供の頃からディズニーが好きだったので、いつか毎日ディズニーに行きたいと思ったからです。
と言っても夢は365日連続インパークでしたが。笑
本当は365日連続インパークで満足して終わる予定が、
あまりにもディズニーの魅力が底なしに素晴らしすぎたので、
結局1000日連続インパークしてしまいました。

私が思うディズニーの魅力は「キャスト」さんという事は最初は全く思っていませんでした。
最初の方は、
ディズニー=アトラクションだと思っていました。
ほとんどの方が、
ディズニーを好きになった当初は、
アトラクションや雰囲気などと答えるのではないでしょうか?
私もアトラクションが大好きだったので、
ディズニー1000日連続インパークしている最中に、
正確な数は数えてないですが、
人気のアトラクションには100回は乗ったのではないかと思います。
アトラクションの素晴らしいところは、
世界観が作り込まれているところです。
本当にその世界に入ったのかと思わせるような作りになっているので、
アトラクションにのめり込む人が多くなるわけです。
ただ、
100回近くも乗ってくると飽きるというより、
違う楽しみを知りたいと思うようになってきます。
そんな事を思いながら、
私が次にのめり込んだのがショーでした。
ショーの写真を撮りたいがために、
何十万円のカメラを買ったのが懐かしいです。笑
ショーの魅力は、
毎日違うショーになるという事です。
えっ?ショーって毎日同じじゃないの?
もちろんショーの内容は同じです。
音楽も一緒ですし、ダンスも一緒です。
じゃあ毎日違うショーになるのはなぜかと言いますと、
ダンス中の絡みが毎日違うのです。
絡みとは、ダンサーさんとキャラクターであったり、
ダンサーさんとダンサーさん、
キャラクターとキャラクター、
ダンサーさんとゲスト、
キャラクターとゲストなど、
ショー中に色々なところで絡む場面があります。
その時の絡みが毎日違うのです。
ショーの内容は同じでも、
そこの少しの部分が違うだけで全く違うだけでショーに見えてくるのが、
ディズニーのショーの面白いところです。
ショーを初めて見た時の感動も忘れられないですが、
毎日見る違ったショーの感動も凄まじいので、
是非通える方は毎日見てみてください。

ここまで、
私はアトラクションとショーにのめり込んだとお話しましたが、
続いて一番のめり込んだグリーティングへと話を変えていきたいと思います。
まずグリーティングとは、
キャラクターとの挨拶という意味です。
グリーティングの一番の魅力は、
なんと言ってもキャラクターと隣で写真を撮れる事です。
このタイミングで、
私はミニーマウスと365日連続グリーティングをしました。
キャラクターと写真を撮るのは、
皆様もディズニーに行ったら1回は行くのではないかと思いますが、
私は毎日10回は行ってました。笑
その内、写真を取りに行くというより、
キャラクターとお話をしに行くのがメインになってきました。
えっ?キャラクターって話さないよね?
と思った方もいるかとは思いますが、
キャラクターはジェスチャーしかしません。
なので、そのジェスチャーを汲み取り会話をしなくてはなりません。
そのジェスチャーの汲み取りが、
最初の方は全くできませんでしたが、
今となっては、
すぐに汲み取ることできるようになり、
常にキャラクターとマシンガントークしています。笑

私は、
この1000日連続インパークの企画で、
アトラクション、ショー、グリーティングの3つにのめり込みました。
ここで遂にキャストさんが出てきます。
今までキャストさんの話は出てきませんでしたが、
アトラクション、ショー、グリーティングの全てで実はキャストさんが絡んでいました。
アトラクションを思いっきり楽しめるのも、
ショーを思いっきり楽しめるのも、
グリーティングを思いっきり楽しめるのも、
全てはキャストさんのおかげなのです。
キャストさんが裏でディズニーを支えてくれている事によって、
ゲスト全員がディズニーにのめり込めるのです。
想像してみてください。
キャストさんがディズニーにいなかったらディズニーはどうなると思いますか??
きっと、
活気がなく、ゴミだらけで、何度もテーマパーク内で事故が起きてしまうでしょう。
そんなディズニーには二度と行きたくないと思ってしまう方が多数になってしまうのかと思います。

私は、
1000日連続インパークをやった事で、
キャストさんの大切さを知る事ができました。
ディズニーの全てはキャストさんがいなければ何も始まらないし魅力も出てきません。

自分の夢であったディズニーに毎日行くという企画のゴールがキャストさんになるとは当初は全く思っていませんでしたが、
この結果になった事で、
ディズニーのキャストさんに敬意を払う事を忘れないようにするきっかけになれました。

最近では、
キャストさんの質が下がったなどという言葉も聞きますが、
私はそう思いません。
私から言えばゲストの質が下がった、
と思っています。
ゲスト一人一人がキャストさんを大切にする事により、
ディズニーの魅力がさらにパワーアップするのではないかと私は思います。
キャストさんに迷惑をかけないように、
ゲスト一人一人がしっかりと行動しましょう!

最後は注意喚起みたいになってしまいましたが、
ディズニーだけではなく、
テーマパークはキャストさんが全てだと思うので、
この記事を見てくれた方は、
キャストさんを今後は大切にしてあげてください。

それでは、
よいディズニーライフを!!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。